決定事項

  • 未来構想検討委員会(以下検討委)に新設される、新校舎の「施設・設備関係及び学校教育関係小委員会」の銅駝学区のメンバーは、伊藤銅駝学区自治連合会会長のほか、佐野さん(西夷川町)、大原さん(角倉町)、西川さん(藤梅町)、内田(東行町)5名および、代理要員の辻本さん、高橋さん(大文字町)2名の計7名に決定した。
  • 5月11日(土)14:00より銅駝会館にて、5月10日(金)の小委員会の報告を行う。

概要

  • 出席者に現在の計画の図面が配布され、会長より以下の報告があった。
    • 図面は4月9日の銅駝学区定例会にて各町内会長にも配布されているもので、内容は最終的に決定したものではない。なお、元の図面がA3であるのを縮小したため、配布された図面の縮尺は「1:500」ではなく「1:714」となっている。
    • 現在は校庭が南側にあるが、隣接する道路の都合で河原町通および丸太町通に面した側にしか高い建物が建設できないため、校庭は北西になる。
    • 新校舎の開校を平成28年(2016年)とした場合、今年の6月までに基本計画を完了する必要があり、特別教室などのハード面を決定しなければならない。
    • 未来構想検討委員会(以下検討委)に新校舎の「施設・設備関係及び学校教育関係小委員会」を新設する。
    • 小委員会のメンバーは、銅駝・春日学区から各4~5名(うち1名は各学区の自治連合会会長)、未来構想検討委員会から4名(うち2名は新校舎に通学する可能性がある富有・柳池学区の自治連合会会長)、PTAから3名、御所南小学校から2名、教育委員会。
  • 銅駝学区のメンバーは、会長のほか、立候補により佐野さん(西夷川町)、大原さん(角倉町)、西川さん(藤梅町)、内田(東行町)の計5名、および、委員が出席できない場合の代理要員として、辻本さん、高橋さん(大文字町)の2名に決定した。
  • 小委員会についての懸念事項として下記の指摘があった。
    • 小委員会での意見が検討委で潰されてしまい、意見を聞いたというアリバイとして小委員会が利用されるおそれがある。
    • 小委員会で議論できる範囲として、新校舎の施設だけなのか、御所南小学校全体の教育についてまで可能なのか。
    • 小委員会や検討委の開催ペースが速く、住民へのフィードバックや住民からの意見の集約が行いにくいため、メールやホームページでの迅速な情報展開および情報収集が必要である。
  • スケジュール(全体スケジュールはこちらを参照)
    • 5月10日(金)19:00~ 小委員会が開催される予定。委員は上記懸念事項について可能な限り明確にする必要がある。事前に春日学区のメンバー5名とも打ち合わせを行うべきである。
    • 5月11日(土)14:00~ 銅駝会館にて小委員会のメンバーから報告を行う。小さい子を持つ母親の意見も重要であり、和室で子供を預けたりできるよう民生や社協の協力を自治連から要請する。

資料

開催案内

当日配布資料






トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-06 (月) 11:40:47